夜勤入りはどんな風に過ごしていますか?

夜勤入りはどんな風に過ごしていますか?

私が働いている介護施設では、夜勤は看護師が1人体制です。
もちろん他に介護士が数人働いているのですが、急変など、イレギュラーな事が起こっても対応できるように、
常に体力を蓄えておくようにしています。

夜勤の勤務時間は、夕方17時から翌朝の9時までの16時間です。
現在では、このシフトにも慣れて、自分なりの夜勤入りの過ごし方もほぼ決まっていますが、働き始めの頃は、
どのように過ごすのが自分にとってベストなのか、わかりませんでした。
16時間もの長い時間、働く事ができるのか不安で、その緊張感から仕事に入る前から疲れてしまった事もありました。

夜勤入りの日は、子供を保育園にお送りだした後は、掃除や洗濯をします。
我が家は、夫の両親と2世帯住宅に住んでいるので、いざという時には、義両親に頼っています。
しかし、甘えてばかりいられませんから、家族の夕飯と翌朝の朝食は準備するようにしています。
そのような家事が終わると、だいたいお昼頃になります。

お昼は、お気に入りのコーヒーを飲みながら、ゆっくりと食事をします。
昼食を食べた後に軽くお昼寝をして身体を休めて、出勤の準備をしています。
基本的な夜勤入りの過ごし方は、このような感じです。

私の職場では、夜勤の看護師に負担がかからないように、日勤の時間帯にほとんその業務を行うようにしています。

その為、業務としては大変な仕事はありません。
休憩の他に2時間の仮眠を取る事ができるので、長い勤務時間でもそれほど苦ではありません。
何も起こらなければ落ち着いた夜勤なのですが、急変が起きると、看護師が1人という事もあり大変です。
急変に備えて、夜勤入りは自宅でゆっくり過ごすようにしています。

2014年2月 4日|